MENU

ブログ

アロマテラピーで使用する精油の作用について

皆様いつもありがとうございます。

本日は、アロマテラピーで使用する精油の作用についてお話ししたいと思います。

様々な精油には様々成分が含まれており、個人差はありますが、精油がもたらすとされる作用の一部をご紹介させていただきます。

鎮静作用:心身ともにリラックスさせる作用です。
殺菌作用:人体によって有害な細菌などを殺す作用です。
消化促進・食用増進作用:胃腸の働きを活性化させる作用です。
保湿作用:皮膚の潤いを保ち乾燥を防ぐ作用です。
免疫ふかつ作用:人体の免疫の高める作用です。

他にも様々あります。

このように、精油とは、一般的に知られている鎮静作用の他にも様々な作用をもたらします。